わたし。見ました。

不惑の多感期が見た事を、感じたままお伝えします。

さんかく窓の外側は夜 *え、あの二人が…時を経て…まぁ…関係ないか!!*

さんかく窓の外側は夜

 

こちら、タイトルだけだと、なんだか悲恋系の病気で彼女死んじゃうやつかな~と感じてました。

 

だが…しかし、違いました!!

 

見えてる見えてる!!→お誘い→呪いの貯金箱→繰り返してるん?!

 

まあ、キレイに見えるんすね幽霊が。なんかMVみたいな感じで洒落てましたねー、いい表現でした!岡田将生さんと志尊淳さんの主演でしたね。バディものなんすけどなんだか色っぽい二人でしたね。なんだか手の置き位置とか。男性同士なんですが。原作はどうやらBL風な感じなんすかね。

 

うむ!現代に即してますね!いいと思います!幅広い表現!

 

他にも、平手友梨さん、滝藤賢一さんと良い俳優さんが出てましたね。

 

しかし、私がモヤモヤと一番気になったのは…志尊淳のお母さん役、和久井映見さん。岡田将生さんの過去に接していた男、筒井康隆さん。

 

この二人です。あれ…なんかこの組み合わせ…遠い昔に見たような…うぅ…思い出せない…!!!

 

そうだ!検索しよう!!

 

 

これです!!こちらの作品でお二人良い仲でした!!内容は覚えていませんが…なにしろ私も子供だったので!母が見ていた横で見ていたようなうろ覚えです!恋人の二人がどんな道を辿りここまで行き着いたのか…!!まさしく!これぞドラマってな人間交差点を感じますね!!

 

はい、妄想ですので!この2作品、お二人の役柄ともに関係は全くありません!

 

しかし、時を経てあの二人が同じ作品に出るとは…嬉しい!!てのはたまにありますよね!!

 

…うん、今パッとは作品を思い出せませんが…。

 

そんなとこをしみじみ妄想して見るのも面白いかもしれませんね!